「子どもの愛顔応援ファンド」へ寄贈したお米の子ども食堂への提供がスタートしました!

JAバンクえひめ(愛媛県内JA/県信連)では、愛媛県が子どもや子育て世代の支援のために創設した「子どもの愛顔応援ファンド」に対し、愛媛県産米1,000㎏+αと寄附金30万円を寄贈し、愛媛県内の子ども食堂での寄贈米活用による支援活動が始まりましたのでお知らせいたします。


1. 愛媛県庁で行われた「県産米」及び「寄附金」の贈呈式(令和2年9月4日)


このお米は「子どもの愛顔応援ファンド」を通じて、県内の子ども食堂へ提供されます。


2. 寄贈米を利用した子ども食堂での食事提供活動(令和2年11月14日~)



宇和島市の「うわつ子ども食堂」では市内の学生も調理に参加し、約100人前の三間米のカレーライスが振舞われ、子ども達に大好評でした!


今後も、「JAバンクえひめ」は地域密着型の金融機関として地域貢献活動に取り組んでいきます!